恋愛ノウハウ

興奮度を上げて好きな人をゲット!

せつない気持ちを抑えられない・・・

そんな時もあります。

今日も男と女のそんな世界を書いてみます。

好きな人が出来た時…手っ取り早く個人的な時間が作れる方法とは…“異性の興奮度を上げる”ことがすごく大事です。

でも、一歩間違ってしまうと体目的の関係にされてしまう危険性があります。ですから、決してやりすぎないように注意してください。興奮度を上げてそのままお預け…という感じで、上手に異性をコントロールすることで、いつのまにか異性の興味を、自分が思っている以上に引きつけることができるはずです。

体だけの関係で終わらせてしまうのは…恋愛をし始めたばかりの恋愛素人のか、多くの異性と体の関係を持ちたいと思っているタイプの方です。恋愛テクニックを駆使し、素晴らしい恋愛を手に入れることができるかどうかは…皆さん次第ですね。今回は、異性の興奮度を上げる極意をこっそりご紹介します!皆さんの恋愛生活に取り込んで、より素敵な恋愛人生を送ってください!異性の興奮を上げる極意のポイントは、“仕草”・“言葉”に分けられます。まずは仕草ですが、男性は、どういう訳か“女性のクロス”に反応してしまう生き物です。

 

足を組む、反対の手で髪をかき上げる…このようなクロスに、男性は女らしさを意識してしまうそうです。一方、女性が性的興奮を持ってしまう仕草とは、男性の“指の動き”だと言われています。男性の指の動きには無意識に目が行ってしまうものだそうです。仕草に関してはこの部分を意識できるように徹底してみてくださいね!

 

次に、“言葉”についてですが…男性へ対しては、コンプレックスを意識させてしまうような言葉、他の男性と比べられている言葉、自分自身を否定されているような言葉、これらの言葉を自分に向かって発してくる女性に、男性は負の感情や意識を持ってしまう可能性が大きすぎるので、会話の際には少しでも意識してみるのも良いでしょう。

 

きっと女性の皆さんにとって得することはあっても、損することは何一つないと思います!これで意中の男性の温度を下げる確率もぐんと減ることでしょう!逆に…女性の場合は、興奮する言葉を言うことを意識するのではなく、女性の気分が落ち込んでしまうような言葉を発さないことを意識してください。自分以外の女性の外見すべてに反応する生き物…それが女性です。もちろん、100人が100人そうだという訳ではありません。あくまで一般論なので、該当しなかった女性の方は気分を害さないでくださいね。

 

ただ、割合的にそう感じる女性が多いのは事実です。男性の皆さん、意識している女性や恋人の前で、他の女性の外見を褒めることは極力避けるよう努力してください。どうしても口が滑って「あの人可愛いなぁ…」「あの人は綺麗な足だなぁ…」など、他の女性の話してしまった時には、「…でも君の方が可愛いけどね」「…だけど君の足の方が魅力的だけどね」「…でも、君のお尻の方が自分は好きだなぁ…」というように、側にいる女性の方が勝っていると感じられるようにしてあげましょう。女性とは不思議なもので、興奮する言葉とは…自分が安心できる会話から生まれるとされているようですからね、ここがポイントになるでしょう。

いかがでしたでしょうか?“仕草”・“言葉”この全てを活用しても良いですし、自分の得意分野を活用しても良いでしょう。皆さんが使いやすいものを上手に活用してみてください!

関連記事

  1. 恋愛の仕方

    恋人に捨てられたら…

    自分が意識した相手に恋人がいたけど、お互い好意を持って交際することにな…

  2. 女性の愛し方

    あなたはさげまん?

    さげまん女性の特徴というのはどのようなものがあるのでしょうか。…

  3. 恋愛ノウハウ

    愛し合うには我慢も必要

    「昨日彼氏とケンカしちゃった」「え?何で?」「聞いてよ~。だってさ、本…

  4. 恋愛の仕方

    恋愛マナー違反に要注意

    私は大して美人でもありませんが、それでも本当にモテてきたと思います。整…

  5. 恋愛ノウハウ

    恋愛って心の悲鳴に気付けない物です

    男と交際しない女は次第に色褪せる。女と交際しない男は次第に阿呆…

  6. 恋愛の仕方

    インターネットから始まる出会いについて…

    少し前までは否定的な意見の多かったインターネットの出会いも、現代ではそ…

  1. 恋愛ノウハウ

    手が届きそうで届かない女になる方法
  2. 恋愛の仕方

    結婚感覚を操作すれば…結婚できる!?
  3. 恋愛ノウハウ

    甘え上手の人はもてるんです!
  4. 恋愛ノウハウ

    出会いを逃してしまっている方へ
  5. 女性の愛し方

    嫉妬して嫌われないようにするために
PAGE TOP