恋愛の仕方

男女のセックス価値観の違いについて

セックスに置いての基盤を、前回のお話でご紹介させていただきました。今回は…“セックスにおける根本的な男女の違いについて”をテーマにさせていただきます。

セックスに関する正しい情報を知識として持っていることで…きっとこの先の恋愛人生での参考になると思いますので、今回のお話1つの知識として今後の皆さんの人生に役立ててほしいと思います!さて…さっそく本題に入りますね。男性と女性は脳の構造から性器の構造まで全く異なる生き物であり、全く異なっていながらも凹凸が上手に組み合わされる構造になっていることから、セックスや妊娠といった子孫を残す工程が作られる対の生き物であります。

しかし、その性器の構造の違い上、突起した性器をもつ男性は、心と体を別物にすることが出来る男性が多い現状があり、内部に入り込んだ性器を持つ女性は、心と体が連動してしまう方が多いかと思います。男性器は突起しています。女性器は中に入っています。

この凹凸があるからこそセックスをすることが可能になり、妊娠から子供を出産するに至るまでの工程が作られていくのです。しかし、この性器の構造こそが、心と体の繋がりに密接にかかわっていること、気づいてらっしゃる方はどのくらいいるのでしょうか。

ここまで深く、男女の性器について考えることもないとは思いますが、よくよく考えてみれば、男は心と体は別…ということに、自然と結びついていくことでしょう。

男性器は突起しているために、自分が女性の中に入ることでセックスが成り立ちますよね?自分が相手の中に入ることは…はっきり言ってしまえば、心が無くとも入れることは出来るでしょう。

男性は心と体は別にすることが出来る生き物であることは…仕方のないことなのかもしれません。

…まぁ、後々面倒なことになる可能性だとか、嫌がる相手に無理矢理挿入するようなことは、必ず後悔するような結果が付いてくるでしょうから、いくら心と体が連動しない状態になってしまったとしても…「男だから仕方ない」なんて安易な言葉で片付けるにはリスクが高すぎますね。

“人は人に触れた時よりも、触れられることに関して心と体が連動する”ということなのです。このことからも分かるように、セックスの際も“入れる側は好きな相手じゃなくとも生理現象的に入れることが可能”、“入れられる側は自分の体の中に他人が入ってくるために、好きではない相手の挿入は拒みたくなるように心と体が連動をする”ということなのです。

…ご理解いただけましたでしょうか?性器の構造上、男性は好きではない相手でも男性器が勃起すれば挿入することは出来るが、受け入れる側の女性は好きな相手じゃないと、受け入れたくない相手が自分の中に入ってくる嫌悪感に襲われる場合が多いのです。

もちろん男性も、好きな女性が相手じゃなければ勃起しないと言う方もいるでしょうし、女性の中にも気持ちがない相手とでも何かしらの損得勘定で受け入れることが出来ると言い切る方もいるでしょう。

難しいお話になってしまいましたが、これが男女のセックスに関する価値観の違いの構造なのです。男性の方も女性の方も、今回のお話を知識として持っている人生は、きっとよりよい恋愛人生をもたらしてくれることになると思います。この知識を、自分の恋愛人生において上手に活用できるよう意識してみてください!

関連記事

  1. 恋愛の仕方

    恋愛キスマジック

    上手なキスが出来る人、さりげないキスが出来る人、とろけるようなキスが出…

  2. 恋愛の仕方

    満足させるデートをするにはお金の考え方を徹底することが必要不可欠!!

    超お金持ちのご子息ですとか、超エリートの男性、年の離れた男性…でもない…

  3. 女性の愛し方

    恋愛の基本を見直しましょう!!

    恋愛をしたいと思っている方、多くの恋愛に失敗してしまっている方、ま…

  4. 恋愛の仕方

    相手の気持ちが離れているかもしれない!?それでも焦ってはいけません!!

    好きだからこそ相手のことを把握しておきたい、相手が自分をちゃんと思って…

  5. 恋愛ノウハウ

    腹立つ遊び人男のしっぽを掴む方法

    愛とは決して後悔しないこと・・・そうは言っても…

  6. 恋愛の仕方

    犠牲の多い恋愛について

    恋愛は人生を潤してくれる潤滑剤の様であり、人生を刺激的なものにしてくれ…

  1. 恋愛の仕方

    異性の褒め方をマスターすれば誰でもモテる
  2. 恋愛の仕方

    平穏マンネリ恋愛と刺激の強すぎる逆境恋愛、どっちが良い?
  3. 恋愛ノウハウ

    素晴らしい恋愛にする秘訣
  4. 恋愛の仕方

    確率の高い恋愛をする方法
  5. 恋愛の仕方

    恋人が遠く感じるその前に…
PAGE TOP