恋愛の仕方

国語に学ぶ恋愛極意

恋をした時、恋をしている時、相手に近づきたいとか、相手に触れたいと思うのは当たり前です。好きになった相手と触れ合いたいと思うのは生き物全てに共通することであって、それが卑猥だとかイヤラシイと思うのは違うでしょうね。まぁ、中には、好きな相手に触れたいのではなく、体目的として気持ちが無くても異性に触れたいと思う方もいるでしょうけれど…それは恋ではなく、ただの性的欲望です。好きな相手と体の関係を持ちたいと思うのは決してイヤラシイことなんかではありませんので、恋の下心は悪いことではないのです。恋をしたなら、思いっきり下心を楽しんでいただきたいと思います。

もちろん、一方的な思いを行動に移してはいけませんよ?相手にも好意の同意があった上での行動でなければ、言葉は悪いかもしれませんが強姦になってしまいます。いくら自分が本当に相手を好きゆえの下心が突き動かした行動であっても、相手が受け入れる心がなければ絶対にいけません。“恋”という漢字は心が下にあるので“下心が多い気持ち”、“愛”という漢字は心が真ん中にあるので“真心の情”とされているらしいのです。皆さんも言われてみれば「あぁ、そういえば…」と心当たりがある方、沢山いらっしゃると思います。まぁ、恋している時点で下心がない人なんていませんものね。その感覚がこれまた楽しいのですから、“愛”の手前の段階として“恋”は必然的な物であることは間違いないと感じているのは私だけでしょうか?

また、“恋”や“愛”のように漢字一文字で表しているものではありませんが、昔からよく使われていることわざに…“恋は盲目”というものがありますよね?好きな人が出来た・好きな人と付き合えることになった時、それはもう幸せオーラに包まれてしまうでしょう。しかし、人間らしいとうか、人間の性というか、“独占欲”が芽生えてしまうことも少なくありませんよね?ちょっとした焼きもち程度であれば、恋愛のスパイスにもなるでしょうし、相手からも「可愛いな」と思ってもらえることでしょうから問題視するような話ではありません。しかし、その“ちょっとした焼きもち”の度合いがひどくなってしまえば、相手に逃げられてしまう可能性が一気に上がってしまうので、十分に気をつけていきましょう。まぁ、“恋は盲目”なので、そのような状態に陥ってしまってからでは手遅れになってしまうでしょう。手遅れになる前に、少しでも「マズイかな…」と感じたラインにきたら、その線を決して超えないように自制する意識をしっかりと持っていただきたいですね。
このような恋愛極意は…漢字やことわざといった“国語”から学ぶことが多いような気がします。このほかにも…もしかしたらもっと皆さんの恋愛の役に立つような表現があるかもしれませんので、興味がある方は調べてみても面白そうですね。自分の恋愛をよりよい方向へ導きながら…楽しい恋愛をするためにも“大人の勉強”はこの先も必要になってくると思います!

関連記事

  1. 恋愛辞典

    セックスのマナー:女性編

    セックスのマナー女性編今回はセックスのマナー女性編のお話です。…

  2. 恋愛の仕方

    男女のセックス価値観の違いについて

    セックスに置いての基盤を、前回のお話でご紹介させていただきました。今…

  3. 恋愛の仕方

    犠牲の多い恋愛について

    恋愛は人生を潤してくれる潤滑剤の様であり、人生を刺激的なものにしてくれ…

  4. 恋愛ノウハウ

    結婚できない人が増えていく社会

    君と出会えたこと仲間と笑い合えること景色が心に…

  5. 女性の愛し方

    友人から恋人へなるためのポイント

    友達から恋人へ昇格するためのデートというのはどのようなものがあ…

  6. 恋愛ノウハウ

    恋愛運活性化の秘訣は、色・・・

    日本のファッションの主流としては、とにかく“無難”であることが…

  1. 恋愛の仕方

    幸せな恋愛を継続させるには
  2. 恋愛の仕方

    恋愛の不信は…必要な刺激!?
  3. 女性の愛し方

    冷めてしまった恋愛を復活させる方法
  4. 女性の愛し方

    おんなだってオナニーするんですよ!
  5. 恋愛の仕方

    プラトニックラブで本当にいいの?
PAGE TOP