恋愛ノウハウ

出会いを逃してしまっている方へ

恋愛をしている中での“不安”は常に抱えていらっしゃるのではないでしょうか?異性問題、金銭問題、価値観問題、ジャンルはどこに当てはまろうとも、不安というものは…恋人と一緒に未来を進んでいくことに対して、ついつい弱気になってしまったり、疲れてしまうこともあるのではないでしょうか。

本当にもう無理だと感じることが多すぎるならば、そうそうに見切りをつけることも1つの幸せを掴む方法なのかもしれませんが、恋愛は多少の不安があった方が幸せになれる確率が高いケースも多いです。何の不安もなく穏やかにいられるに越したことはないでしょうけれど…でも何の不安もトラブルもない恋愛関係は…いつしかマンネリとなって、幸せを感じられなくなってしまう空しい状態を引き起こしてしまうこともよくあります。「少しくらいの不安が恋愛のスパイスなんだ」と、明るい気持ちを持っている方が、何の問題もないカップルより…もしかしたら深く幸せを感じることができるかもしれませんね。それに、何か不安要素があれば、その不安要素を追い払おうと頑張りますよね?恋愛生活において“頑張り”が無くなってしまうのはつまらないと思います。

…まぁ、これはあくまで個人的な考え方なのですが、小さなことでもんもんするよりも、ある程度の線引きをして気持ちを切り替えている方が…きっと幸せを多く感じられると思います!こんな偉そうなことを言っている私は、何度恋愛を重ねても…いくら周囲から恋多き…なんて言われても、私が自分を自己分析するに当たっては“恋愛不器用”であった時期もありました。まぁ、言い方を変えて自分を弁護するのであれば…“器用貧乏恋愛編”といったところでしょうか。…え?上手いこと行ったつもりかもしれないけど全然うまいこと言えていない?…まぁそこはご愛嬌ということで勘弁してください。

さて、皆さんにとっても決して他人事ではないのではないでしょうか、この“恋愛不器用”という言葉。恋愛が不器用な方はそれ相応に異性との交流が少ないことが原因だと思います。私も若い頃に自分が異性との交流が少ないが故に恋愛不器用なのでは?と思い、色んな方との交流を意識していた時期がありました。たったその意識で今では恋愛相談を受けるまでになったのです。男女では脳の構造から体の構造、心の持ち方まで全然別物ですので、異性との交流が無ければ異性と二人で作り出す恋愛関係を器用にこなせる訳ないではありませんか。中には該当しないケースの方もいらっしゃるかとは思いますが、世の中の大半の方が当てはまることであると思います。

恋愛不器用を克服するには、とにかくたくさんの異性と知り合うように意識することから始まるのです!恋愛しても不安が消えないですとか、不安が邪魔しているせいか出会いがないと愚痴る前に…どのようなことからでも良いので出会いを求めて行動しましょう!恋愛不器用であると分かっているならば、少しでも異性との交流を作るように努力をしないと…恋愛不器用どころか、“恋愛できない人”になってしまいますよ!そうなってしまっては、せっかくこの世に生を受けた生き物としては…人間としては…少しばかり色味のない人生になってしまうかもしれません。不安があっても良いじゃないですか。その不安は恋愛生活においてスパイスにすることが出来ればいいのですから。物は考え方です。その考え方次第で…恋愛は、人生は大きく変えられることができます!全ては…皆さん次第なのです!

関連記事

  1. 恋愛ノウハウ

    携帯電話はデートの時は注意しましょう!!

    最近、電車に乗った時…思うのは、ほとんどの人が携帯電話を見てい…

  2. 恋愛ノウハウ

    同棲生活をすすめます!

    好きな人との恋愛が始まると…多くの人は次の段階として“同棲”を…

  3. 恋愛の仕方

    それって結局どういう意味?…誘っているのか分からない相手

    タイトルにあるように、「それって結局どういう意味?」と、思わず突っ込み…

  4. 恋愛の仕方

    可愛い女子会、その裏は…男性を遠ざける腐れ女子会だった

    女の子同士、女性同士で集まっている女子会って…なんだか可愛らしいイメー…

  5. 恋愛ノウハウ

    恋愛って心の悲鳴に気付けない物です

    男と交際しない女は次第に色褪せる。女と交際しない男は次第に阿呆…

  6. 恋愛ノウハウ

    既婚者の遊び人って

    男にとって愛は生活の一部だが、女にとって愛はその全部である。…

  1. 恋愛の仕方

  2. 女性の愛し方

    異性に対して禁句の言葉
  3. 恋愛辞典

    セックスのマナー:男性編
  4. 恋愛の仕方

    確率の高い恋愛をする方法
  5. 恋愛の仕方

    理想の出会いと現実の厳しさに悩まれている方へ
PAGE TOP